ワークライフバランスと
確かな技術力を手に入れた

RYO SATO

2018年6月入社佐藤 亮

将来性の高い技術を磨きたかった。

前職は自動販売機に商品を補充する仕事で、朝6時出社。3人の子どもの世話は妻に任せっきりだったんです。もっと家族と過ごす時間をつくれて、将来的に長く安定して働ける仕事に就きたい。そう考えたのが、当社への転職のきっかけです。面接では臼井社長から「未経験からでも独立できるくらいの技術を磨ける」という言葉を聞き、ここで頑張ろうと決意を固めました。

入社後2カ月間は先輩と一緒に行動し、電子部品や配管の構造など、厨房機器の仕組みから一つずつ学んでいきました。わかることが増えるたびに「もっと知りたい」という興味が高まり、3カ月目からは徐々に一人で回れるようになりました。

自らの技術でトラブルを解決する誇り。

以前、飲食店のお客様から「冷蔵庫が動かない」というご依頼をいただいたとき、お客様は「他の業者では対応できないと言われた」とお困りでした。私は早速、冷蔵庫を点検したところ、電子基板に不具合があることを突きとめ、基板の交換によって故障を解決することができました。「さすがだね」。ほっとした表情でお客様にそう言っていただいたときには、誇らしい気持ちでいっぱいになりました。

技術と知識を積み上げ、自分の手でお客様のトラブル解決に貢献する。手に職を付けるとはまさにこのことで、さらに意欲が高まった経験でした。

今は、自分の技術をさらに高めていくことが最優先。

家族との時間が増え、目標も膨らむばかり。

慣れてくれば日々のスケジュールも自分なりに調整でき、自由度の高い働き方ができることも当社の魅力です。完全週休2日制なので、家族と過ごす時間も大幅に増えました。朝には子どもたちを保育園へ送る時間もでき、妻も喜んでくれています。今は、自分の技術をさらに高めていくことが最優先。その先には、臼井社長と一緒に会社を大きくしていきたいという思いも強くありますし、まだ幼い子どもたちに手がかからなくなったら、いずれ独立して自分の手で仕事を動かしたいとも考えています。

 

募集要項/エントリーはコチラ

エントリー